ラジオパーソナリティー境 香織の子育て・仕事日記!イベント・ブライダル各種司会承ります!!


by uichi1217
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

追い越される喜び

我が息子、12月17日で14歳になりました。
今年も私の親友夫婦にフライングでお祝いしてもらい…
f0219472_22060247.jpg




プレゼントは、青森のこの辺の中学生が着る服ではない値段のアウターをもらいました。
f0219472_22060378.jpg

私も狙っています。息子と兼用に…


f0219472_22083602.jpg


もん、こうちゃん、毎年毎年本当にありがとう!
彼の結婚式には一緒に出席したいね(笑)



誕生日の前日に我が家でパーティ❤️
f0219472_22060475.jpg

弘前のボンジュールのケーキ!
7号の大きいホールケーキで❤️



中2真っ盛りですが反抗期ではありません。
生まれた時から変です。
そこが彼の魅力です。
人と同じではないことは、我が家では褒め言葉です。
f0219472_22060536.jpg

私の身長を軽々と一年で越しました。
追い越される喜びがこんな身近にあるなんて。


でも、まだまだ体毛は追い越されていませんが、それも一年で追い越されるとしたら、、嬉しいですね。

息子おめでとう!ありがとう!
君は面白い!
もっともっと、ワクワクさせてくれ。
[PR]
# by uichi1217 | 2016-12-17 11:35
番組で一緒に組んだことは無かったと思います。
いつもマイクの前に居るのが当たり前の先輩でした。

トイレで一緒になった時、よく愚痴ったりしたものでした。
思いをハッキリ伝える人。
その強さがとても好きでした。
この人が分かってくれるなら、それでいいか、と安心させてくれる人でした。

私は割と優秀な方?だったので、叱られたことはありません。
直されたのは「そして」の使い方です。
「そして」は最後に付けるのよ、って教えてくれました。
1つ目、2つ目、そして3つ目、と言うように…

甘い洋風な声で、英語っぽい読み方をする方で、ラジオパーソナリティとしては非常に個性の強い声でした。

ファックスは、必ず、ファクシミリと言うのです。
それが、特徴でもあったかな(笑)

やりたい事があれば、自分で企画し、自分で取材し、自分で制作する、自分の道をまっすぐ進む方でした。




亡くなってすぐ、(放送用語で失礼)提供クレジットの差し替えがありました。
…悲しい事ですが、先輩の声はラジオから消えつつあります。
差し替えのために、先輩が読んだ秒数ピッタリで若いアナウンサーが読み直していました。



しかし、入らないのです。
先輩の秒数には収まらないのです。
収めようとすると、急いで聴こえるのです。
随分録り直しました。



熟練の技なんですね。
秒数にピッタリ収めているのに、急いで聴こえないというのは。
先輩の偉大さを感じました。



私は局のアナウンサーではありません。
若いアナウンサーを育てるような立場でもありませんし、時にそれをすると疎まれます。
だから、自分のフィールドで、1フリーアナウンサーとして受け継いで行きます。



随分闘ったと聞いています。
本当に、本当に、お疲れ様でした。

f0219472_17124199.jpg


ありがとうございました。
エフエム青森 平山早苗アナウンサー。

[PR]
# by uichi1217 | 2016-12-02 14:35
番組でご一緒したことはなかったと思います。
でも、いつもマイクの前に居るのが当たり前の先輩でした。

トイレで一緒になった時、よく愚痴ったりしたものでした。
思いをハッキリ伝える人。
その強さがとても好きでした。
この人が分かってくれるなら、それでいいか、と安心させてくれる人でした。

私は割と優秀な方?だったので、叱られたことはありません。
直されたのは「そして」の使い方です。
「そして」は最後に付けるのよ、って教えてくれました。
1つ目、2つ目、そして3つ目、と言うように…

甘ったるい洋風な声で、英語っぽい読み方をする方で、ラジオパーソナリティとしては非常に個性の強い声でした。

ファックスは、必ず、ファクシミリと言うのです。
それが、特徴でもあったかな(笑)

やりたい事があれば、自分で企画し、自分で取材し、自分で制作する、自分の道をまっすぐ進む方でした。




亡くなってすぐ、(放送用語で失礼)提供クレジットの差し替えがありました。
…悲しい事ですが、先輩の声はラジオから消えつつあります。
差し替えのために、先輩が読んだ秒数ピッタリで若いアナウンサーが読み直していました。



入らないのです。
先輩の秒数には収まらないのです。
収めようとすると、急いで聴こえるのです。
随分録り直しました。



熟練の技なんですね。
秒数にピッタリ収めているのに、急いで聴こえないというのは。
先輩の偉大さを感じました。



私は局のアナウンサーではありません。
若いアナウンサーを育てるような立場でもありませんし、時にそれをすると疎まれます。
だから、自分のフィールドで、1フリーアナウンサーとして受け継いで行きます。



随分闘ったと聞いています。
お疲れ様でした。




ありがとうございました。
エフエム青森 平山早苗アナウンサー。

[PR]
# by uichi1217 | 2016-12-02 14:35