ラジオパーソナリティー境 香織の子育て・仕事日記!イベント・ブライダル各種司会承ります!!


by uichi1217
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旅を作る②

アクアパーク品川、観ていて飽きなかったのはコレ。
f0219472_18052919.jpg

ドクカエル。なんと美しい!

f0219472_18053018.jpg

カピバラ。やる気失せるわ〜。


f0219472_18053167.jpg

なぜ水族館(アクアパーク品川)にあるのだろう、、バイキング。やや疑問。
しかも入り口すぐにあるこのバイキング。
私は1番端っこに1人乗って朝から大騒ぎしました!



旅の最後は、東京のアッシー?
f0219472_18053188.jpg

お友達と家族でドライブ!
「君の名は」の聖地巡礼を頼む息子に快く答えてくれてありがとう!
でも、君の名は観てない私には分からない…




家族のナビ、父ちゃんサンキュー!
f0219472_07342542.jpg

写真係とナビばかりさせてごめんなさい!
昼から飲む私を笑って見ててくれてありがとう!




f0219472_18053254.jpg

お疲れ様モードの息子。
めぐリズムで椅子で寝る。
寝るな!



2泊3日の旅を終え、家に上がった息子の足元に気付いた時、家族旅行は本当に終わりました。
なんと息子は、行った日と同じ靴下だったのです。

3日間同じ靴下を履き、
2日間同じパンツを履き、
エナジードリンクの空き缶と、コーラの空ペットボトルをリュックに詰めて持ち帰り、
綺麗に畳んだままの衣類がリュックから出てきた時、1番の思い出はコレだと。


3日間、息子の足を支えていた靴下が、今回の旅を作ってくれました。
f0219472_22442591.jpg

無事かえったよ。

[PR]
# by uichi1217 | 2017-01-17 17:44

旅を作る①

自分の荷物は自分で背負うからこそ、荷物も少なく出来る、という事で家族それぞれリュックを背負う。


家族旅行のテーマは夜景!
なぜか夜景に異常なこだわりを見せる息子です。
旅のプランは息子が立てました。


横浜赤レンガ倉庫にてビールを飲む!
これが私の1番の望み…
f0219472_17392207.jpg

たげ、美味しかった。
着いてすぐ、駆けつけ2杯!


f0219472_17392395.jpg

仲の悪い兄妹です。



f0219472_17392391.jpg

コスモワールドの大観覧車…
シースルーで怖くて怖くて15分キツかった。
ここを降りた時、青森山田高校サッカー部の優勝が決まった速報をもらう。


f0219472_17392400.jpg

横浜みなとみらいの夜景!
仲良し夫妻との再会。
お世話になりました佐々木夫妻!


f0219472_17392584.jpg

ホテルの部屋61階からの夜景。
息子が夜景にこだわるので、ホテルに高層階を要望しました。



翌日は東京へ…
f0219472_22472266.jpg


アメ横、で、ミリタリーショップの息子。
アメ横、で、バービー人形買う娘。
f0219472_17392621.jpg




f0219472_17392700.jpg

家族旅行らしく2階建てのスカイバスで都内観光。
リアクションが1番いいのは私です。




f0219472_17392715.jpg

アクアパーク品川でのイルカショー!
イルカのジャンプに泣けてくる(T-T)
光の演出って本当に美しい。
f0219472_17392844.jpg

イソギンチャクもいやらしく光ってます。
まるで私のようです。
…ナニが?





[PR]
# by uichi1217 | 2017-01-14 17:07

声 2016〜2017

今年一番車で聴いたのは、秦基博です。
私のジムニーも年々ご機嫌斜めで、暑い寒いの気温によってカーステが無反応。
一旦CDを出すと当分入らなくなるため、面倒で秦基博ばかり聴いていました。
好きです、彼の声。


今年ライブでハマったのは、浜田真理子さんです。
小泉今日子さんの朗読聴きたさに行ったライブで、浜田真理子さんの歌と表現力に圧倒され、幸せに満たされました。
もちろん、キョンキョンの鼻にかかった声は最高の美しさで、声に色が付いて聴こえてくる、私にとって特別なものです。
でも、朗読は下手くそで、それも感動しました。
好きです、浜田さんの声、キョンキョンの声。


竹原ピストルさんのライブにも行きました。
彼は声が目の前から聴こえてきます。
私の耳は顔の真ん中にある?と思えるような圧力のある声です。
好きです、彼の声。


秋、友達が立ち上げたセミナーのお手伝いをしました。
ずっと弟のように思っていた彼の仕切るセミナーを見ていて、いい店とは何かを考えました。
そして、身近には小さくともあたたかい有益なお店がたくさんある事に気付きました。
ずっとお店があって欲しいから、私も微力ながらお買い物しよう、宣伝しようと思いました。
セミナー閉会式での彼の挨拶は、真実しかなく、力強い声に泣けました。


そして、11月30日先輩アナウンサーが旅立ちました。
葬儀の中で彼女の声が流れました。
亡くなった方の声が流れる葬儀は初めてでした。
表情や、服装や、何を話したかや、匂いや、思い出よりも、声は簡単に引き寄せてくれるものだと思い知りました。
以来、後ろの方から、度々聴こえてくるようになりました。(怖い話ではありません)
聴こうとすればいつでも聴こえてくる声。
平山さんの声を記憶しています。


この世で一番好きなのはやっぱり我が子の声です。
息子は声変わりしましたが、する前もした後も、声の記憶は鮮明です。
ずっとずっと聴いていたい、我が子の声。


声。



表情も、感情も、温度も、声でわかるね。

2016年、たくさんの声をありがとう。
2017年、もう少し声のお仕事続けさせてください。

f0219472_22554597.jpg

宣材写真2016。
ごまかしの必要なお年頃。
久々に撮り直しました。




[PR]
# by uichi1217 | 2016-12-30 22:07