ラジオパーソナリティー境 香織の子育て・仕事日記!イベント・ブライダル各種司会承ります!!


by uichi1217
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

座席Bのお母さん

ホームからこちらに手を振ってる。
それに気づいた私は、となりのお母さんに「お友達、手を振ってますよ!」と、話しかけた。

私は新幹線の座席Aに座り、座席Bにはお母さんが、ホームから手を振っていたのはさっきまで座席Cに座っていた方だった。

f0219472_15114033.jpg



隣で賑やかに会話するお母さん方の話を実は私、ずっと聴いていた。
もうすぐ孫が産まれるという2人。
次に会う時は、2人して孫が増えてるねってこと。
本当はもう1人のお友達も誘って3人で来るつもりだったこと。
お互いのお姑さんとの話。
昔からの友達なんだろうなぁと思って聴いていた。


手を振ってますよ!と声をかけたことで、私と座席Bのお母さんは話し始めた。


大人の休日倶楽部を使って初めて函館旅行したこと。
函館山で夕陽から夜景に変わる瞬間をビール飲みながら観られたこと。
学生時代の友達3人組で、自分は千葉、もう1人が八戸、来れなかった友達が長野出身だということ。
ねぶたは若い頃観たことがあるということ。
次の旅行は来年だということ。
青森市にも津軽にも来たことがないというから青森の良さもプッシュした。



いいですね!そんな旅行!という私に、「あなたにもいずれ来るわよ、そういう時が…」と座席Bのお母さん。

「子育てが終わったからね…」
と、自分へのご褒美を噛み締めるお母さんは素敵だった。

歳は実母と同じくらい。
うちの実母も、大人の休日倶楽部でいつの間にか旅行に行ってしまう人(笑)

頑張ってきたお母さん達に支えられて、私たちは生きてきたんだなぁと思う。
そして今私も頑張る母になった。
いや、頑張る不良母ちゃんに。


いつか来る、大人の休日倶楽部を夢見て…

バイバイ!座席Bのお母さん!
私、先に降りますね…

[PR]
by uichi1217 | 2016-06-30 14:34

パンツの穴

中学二年生、男子のパンツ。
f0219472_09092533.jpg

何故、一体、どうして、穴が空くのだろう?
ココだけ。




f0219472_09145796.jpg


無傷のクマが多い中、何故、お尻だけ。





申年の今年買ったばかりの赤パンツ。
f0219472_09092696.jpg

何故かコチラもお尻だけ?


才能が、お尻から溢れ出る。


おばあちゃんが、穴を閉じようか?と言ってくれるが、パンツの穴は閉じるのが難しい。

見て見ぬ振りをすることにした。
[PR]
by uichi1217 | 2016-06-23 08:59
おこがましくも、中学生への夢講話の依頼を受け、

夢とはなんだろう?
喜びとはなんだろう?
人生とはなんだろう?

などと自問自答する数ヶ月。



中学生から随分と離れた私がするべき講話なのかと思ったりもしたけれど、依頼を断れなかったからには(受けたかったわけではない、断るのが忍びなかった)、41歳の私に話せることを話そうと必死です。

慣れないパワポと格闘しながら、文字にしていくと新しい気持ちが浮かんだり、矛盾があると悩んだり。

まだ、なーんも見いだせていません。




薪割りをしていて思ったこと。
木の種類にもよるのでしょうが、真っ直ぐの木はとても割りやすいということ。
f0219472_20300868.jpg

まるで割り箸のように割れて気持ちいい。




しかし、節のある木は割れにくいということ。
f0219472_20300899.jpg

ぐちゃぐちゃになって、めちゃスッキリしない。


でも、なんだろ。
節のある木は薪割り機でも斧でも手こずるところが、強くて憎らしい。




岐路があったんだ。
受験失敗したり、親に罵られたり、就職試験に失敗しまくったり、親を失望させたり、父が死んだり。
それを飲み込んで自分の中に蓄えて一応今日に至る。

あぁ、節のある木と一緒かも、私。



枝分かれして、幹分かれして、あっちにもこっちにも行き場がある節、そこだけは異様に強いのだ。
スッキリ割れたりしないのだ。

木が生きるのも人が生きるのに、似ているな。



外から見たらまったく節がないのに、内部に節を秘めた木もある。
f0219472_20300961.jpg

そういう奴もいるしね(笑)




余談だが、こんな珍客もいる。
f0219472_20300908.jpg

いや、彼らにとっては珍客は木を割った私で、お呼びでない客なのだな…


しかし、ぶっとい幼虫だった。
アレ、何かな?
カブトムシかな、蝶かな、蛾かな、、、
いずれにせよ、優しく出して他の木に行けるように森に返したぜ。
殺生はしない。



スッキリ割れる木、割れにくい節のある木、、節のある木に、私はなりたいな。







あまり開けたくない扉が開いていた…
f0219472_20300983.jpg


我が家の息子は、節だらけ。
いや、ゴミだらけ…



最近の彼のフシギは、
息子「なんでいつも部屋汚いんだろう?わかんないんだよ…」

母「いやぁ、お母さんも、分からない。
なぜ汚くなるのかフシギだねぇ…」





って、アホか⁉︎

お前だろ(−_−#)

なーんも、フシギじゃないだろ‼︎

[PR]
by uichi1217 | 2016-06-07 18:42