ラジオパーソナリティー境 香織の子育て・仕事日記!イベント・ブライダル各種司会承ります!!


by uichi1217
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

先輩の偉大さを感じました

番組で一緒に組んだことは無かったと思います。
いつもマイクの前に居るのが当たり前の先輩でした。

トイレで一緒になった時、よく愚痴ったりしたものでした。
思いをハッキリ伝える人。
その強さがとても好きでした。
この人が分かってくれるなら、それでいいか、と安心させてくれる人でした。

私は割と優秀な方?だったので、叱られたことはありません。
直されたのは「そして」の使い方です。
「そして」は最後に付けるのよ、って教えてくれました。
1つ目、2つ目、そして3つ目、と言うように…

甘い洋風な声で、英語っぽい読み方をする方で、ラジオパーソナリティとしては非常に個性の強い声でした。

ファックスは、必ず、ファクシミリと言うのです。
それが、特徴でもあったかな(笑)

やりたい事があれば、自分で企画し、自分で取材し、自分で制作する、自分の道をまっすぐ進む方でした。




亡くなってすぐ、(放送用語で失礼)提供クレジットの差し替えがありました。
…悲しい事ですが、先輩の声はラジオから消えつつあります。
差し替えのために、先輩が読んだ秒数ピッタリで若いアナウンサーが読み直していました。



しかし、入らないのです。
先輩の秒数には収まらないのです。
収めようとすると、急いで聴こえるのです。
随分録り直しました。



熟練の技なんですね。
秒数にピッタリ収めているのに、急いで聴こえないというのは。
先輩の偉大さを感じました。



私は局のアナウンサーではありません。
若いアナウンサーを育てるような立場でもありませんし、時にそれをすると疎まれます。
だから、自分のフィールドで、1フリーアナウンサーとして受け継いで行きます。



随分闘ったと聞いています。
本当に、本当に、お疲れ様でした。

f0219472_17124199.jpg


ありがとうございました。
エフエム青森 平山早苗アナウンサー。

[PR]
by uichi1217 | 2016-12-02 14:35