ラジオパーソナリティー境 香織の子育て・仕事日記!イベント・ブライダル各種司会承ります!!


by uichi1217
カレンダー

つなぐもの

自慢じゃないけど、私の声はとてもよく通る声だと言われる。

ひそひそ話しているのに、よ~く聴こえていたり…

そして、とっても大きな声もよく通る。

窓を開けて息子を叱ると、隣り近所全てに聴こえているようで。

今日もそうだった…







息子と私をつなぐもの、いや、正しくは、つないでいたもの。

過去形ですね(涙)

f0219472_23133490.jpg


絵本です。

小さな本棚ですが、8割は息子との思い出の絵本です。

「あいことば」という子ども向けラジオ番組を立ち上げたのも息子の存在があったから。

そして、あいことばではたくさんの絵本を紹介し、息子にもめちゃめちゃ絵本を紹介してきました。


f0219472_23174265.jpg


私が始めてラジオで読んだ絵本。絵本の音読の仕方すら分からなかった…



f0219472_23183031.jpg


幼稚園に行きたがらない引っ込み思案の息子を「幼稚園は楽しいぞ~!」と言い聞かせるように読んだ絵本。



f0219472_23202579.jpg


けがをして「かさぶた」を作るたびに、痛くない痛くないと読んだ絵本。




f0219472_23195531.jpg


そして、私が母としての喜びを感じる1冊。




澤口たまみ文『わたしのあかちゃん』の冒頭にはこう書かれてあります。

『あなたが うまれてきた そのときのことを おかあさんは はっきりと おぼえています
 


そして、最後はこう締めくくられています。

『いまは もう、いろいろなものを たべて、おともだちも たくさんいる あなたへ
 おかあさんは、もういちど いいます。「うまれてきてくれて、ありがとう」』



子どもがある程度大きくなってから作者が書いた絵本なのでしょう。

かあさんは、絶対に忘れない。

何年経ってもね…。








「絵本読もうか!」と誘っても、「TV観てる~」という声が返ってきますが、それは当然のこと。

でも、絵本を読んで(多分)培ったであろう豊かな心を失わないで欲しい。



そう言いながらも、今日母ちゃんは、声を失うほど息子を怒鳴った(汗)

私の声は、大きくてしかも、よく通る。

2時間のイベントでしゃべり続けるより、2分の怒鳴り声で私は声を枯らす…

でも、絶対に諦めない。



うまれてきてくれて、ありがとうと、いつも思ってるもの(これでも一応)
[PR]
by uichi1217 | 2012-09-10 23:35 | 不良母ちゃん