ラジオパーソナリティー境 香織の子育て・仕事日記!イベント・ブライダル各種司会承ります!!


by uichi1217
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

新体操ボーイ

走るの遅い、縄跳び嫌い、逆上がりチャレンジしない、ナイナイづくしの息子。

自転車好き、ラジコン好き、バイク好き、車好き、乗り物系はアルアルづくしの息子。



母ちゃんの夢。
「スポーツ好きの息子の母ちゃんになること」

…そんな日は来ない。
と、母ちゃんは諦めていました。


青森山田高校、我が家から車で1分の距離です。
いつもサッカー部を観たり、野球部を観たり、どうやったらこんなスポーツマンが育つのかしら?って疑問でした。



その疑問は未だ解決されてはいないのですが、その解決の糸口が見つかりました。
…あくまでも糸口です。



f0219472_22184849.jpg

青森山田の新体操。私は大好きです。
特に男子新体操、あのしなやかでアグレッシブな、躍動も憂いも表現できる演技力と運動能力に魅了されています。

また、新体操に関わらずサッカー部でも野球部でもそうですが、青森山田の選手の礼儀正しさといったら、大人も真似できないほど。


スポーツとは心から変わるものなんだな…と思います。



さて、本題です。
青森山田の新体操部OBが教える体操教室があると小耳に挟んだのです。

小耳に情報をくれたのは、現男子新体操部監督


『Blue Tokyo Kid's』 体力作りコース/選手コース
つまりコースは2種類。
スポーツを楽しみ体を作るニコニココースと、真剣に選手を目指すマジマジコースといった感じ。


このコースを教えるOBのコーチが在学当時カルピスソーダ学園に出演していた方。
元気(げんき)先生です。



息子・娘を連れて2度の参加049.gif

f0219472_2218186.jpg

あの運動嫌いな息子が「楽しい!!やりたい!!」と言ってくれたのです。


母ちゃん心の中でうれし涙を流しました。


もしかしたら、スポーツ好きの息子の母ちゃんになるのも夢じゃない…かも!!!
もしかしたら、未来の新体操選手?????



f0219472_2217531.jpg

みってみませんか?
うちの子らと一緒に…。(って言っても今日初参加ですが)






私、新体操の回し者ではありません。
この勧誘も個人的なことです(笑)



<体力作りコース>
毎週1回(土)9:00~10:30
月謝:2000円(安っ!)
※幼稚園保育園も可、基本小学生低学年~男女問わず

ちなみに、今のところ生徒6人(その内、女子うちの娘一人)


<選手コース>
毎週3回(火・土・日)10:30~2・3時間
月謝:6000円
※小学生~中学生
f0219472_22165772.jpg




お問い合わせ080-3144-7057 川戸元気(かわと げんき)先生まで001.gif



親に期待されて育ちました。
勉強しろと言われ、習い事もし、大好きな漫画本も隠れて読みました。
仕事は公務員がいいと言われたし、小さいころから婿をとるように言われてきました。

反面教師とはよく言うもので、私は極力子どもには期待しているとは言わないようにしています。
期待されないのも寂しいが、期待される重圧が辛かったので自然にそうなるのでしょうね。

勉強は学校で学べ。私は教えられない。といい、宿題だけしかさせてません。
お陰で彼の成績はいつもフツー。モノによってはそれ以下。
もちろん塾にも無縁です。

ピアノは辞めろ!と私が言っても「嫌だ!辞めない!」と言うので、その通りにしています。
可笑しな母ですよね、辞めろなんて…。
嫌々やることが嫌いなので、いつもついつい余計に「辞めてもいいんだよ」って聴いちゃうの。

でも、モトクロスは(最近天候不良で行けなかったケド)父ちゃんも息子も好きだし、男らしいから行けるうちは行けばいいと思います。

ゲームは我が家にはありません。
DSなどの携帯ゲームは父ちゃんが反対するので買っていませんが、人生ゲームや野球盤ならOKです。家族で出来るwiiなら買ってもいいかな…と言ってます。
現在のところ、かるたや工作作りに熱中する不思議な小学生です。


…さて、我が家のことをズラズラ書いてきましたが、今回初めて「お母さんのお願い」を息子にしました。
「青森山田の体操教室に一緒に見学行こうよ」って私が誘いました。

親に言われて何かをするなんてごめんだ!そう思っている私が、お願いしちゃった。



子どもらに夢を重ね始めている私がいます。
しなやかにアグレッシブにマットを駆ける息子を想像して、胸が躍ります。
その答えは今は何処にもないけれど、私も親になったのだなぁと実感する毎日です。



さて、ところで、一緒にやってみませんか?
[PR]
by uichi1217 | 2011-09-24 22:36 | 母ちゃん